スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3回水曜部会

2013.04.23 22:46|水曜部会
こんにちは。
水曜部会幹事の德武と申します。よろしくお願いします。(^ω^)

先週の4月17日に第3回水曜部会の発表が行われました。

今回の発表者は伊藤さんで、
テーマは「AKと現代情勢」。歴史に残る名銃であるAKを軸に現代史や現代情勢との関わりを
幅広く考察した発表でした。

ソ連で開発されたAKはその優れた耐久性、扱いやすさに加えて
共産圏各国でのライセンス生産などの諸要素が絡んで、
中東、アジア、アフリカと全世界の紛争で使われることになります。

今回の発表ではAKについて様々な視点からの知識を得ることができました。
銃と言えば兵器工場で作るというイメージをお持ちだと思いますが、なんとこのAKは
パキスタンの民家でも製造されているそうです。(゜0゜; 驚きですね。
その代わり精度には問題があるようですが…。

発表者の伊藤さん、お疲れ様でした。

次回の水曜部会の発表者は五十嵐さんで、タイトルは「中世都市商人の繁栄と婚姻
について」です。皆さんのご参加をお待ちしております。
スポンサーサイト

第七回・八回水曜部会

2012.06.05 19:33|水曜部会
五回・六回に続きまとめてのお知らせで申し訳ありません(+_+)

第七回・八回の水曜部会の内容についてお知らせします。



第七回は鈴木さんの「ニュルンベルク裁判とドイツの戦後~罪の所在~」でした。戦前ドイツのナチスの台頭や戦時中の内容などはよく扱われますが戦後ドイツしかも、ニュルンベルク裁判を扱った珍しい発表でしたがきれいに、かつ論理的にまとまっており興味深く聞かていただきました。


ニュルンベルク裁判に関しては批判も多いですが、それを踏まえた上でその歴史的意味を再確認できた発表だったと思います。


第八回は山本さんの「イラン革命とアメリカ大統領に政策」でした。

自分は授業の関係で参加できませんでしたが、現代世界に大いに関係するテーマだけに発表を聞く側の人も現在の中東世界について考えながら聞けたのではないかと思います。


中東で独裁政権が打倒された「アラブの春」以来中東からは目が離せないことになっていますが改めて中東に注目する切っ掛けになったことでしょう。

第五回・六回水曜部会

2012.06.05 19:22|水曜部会
ブログの更新が滞ってしまいましたが第五回・六回の水曜部会の発表についてお知らせします。

第五回が相澤くんの「ソ連の宇宙開発の歴史」でした。私は授業の関係でほとんど参加できませんでしたが、冷戦期の米ソ間で争われるように進んだ宇宙開発について詳しくまとめられた発表でした。沢山の写真がレジュメにあり聞いている側も理解しやすかった発表だったと思います。コンパクトにまとまっていた点もよかったです。

この分野は教科書などでも扱われることが少ないので勉強になった人も多かったと思います。



第六回は油井さんの「ユーゴスラヴィア王国~6つの民族の国民国家~」でした。第一次世界大戦後にオーストリア=ハンガリー二重帝国が解体したことによって成立したユーゴスラヴィアとはいかなる国家だったのかについて考察した発表でした。


6つの民族について説明するには古代末期~中世・近世の説明が必要なのですが限られた時間の中で上手にまとめられていたことでユーゴスラヴィアという国だけでなくバルカン半島全体についても理解が深まる発表だったと思います。


ビザンツ史好きに私にとっても身近なテーマであり、楽しく聞くことができました。



発表した皆さんお疲れ様でした。

第四回水曜部会

2012.05.03 01:01|水曜部会
ブログの更新が遅れてしまいましたが、第四回目の水曜部会の発表が4月25日に行われました。発表者は3年生の辻さんで、テーマは「キケローの思想と実践」でした。


テーマであるキケローは共和制ローマ末期の政治家兼哲学者で、あのユリウス・カエサルのライバルだった人物です。政治家としての後世の評価があまり高くないキケローですが、今回の発表で彼がどのような政治理念を持っていたのか、そしてそれをどのような形で実践したのかについて詳しく解説されわかりやすくまとめられた発表でした。


内容的には難しいテーマでしたが例えを駆使した説明と発表者の辻さんのローマへの情熱?のおかげでローマ史にあまり詳しくない人でもよく理解できたと思います。カエサルの方にどうしても目がいってしまいがちですがキケローも魅力的な人物であることがわかったのではないでしょうか。


ローマ好きの自分としてもローマ関連の発表が増えると嬉しいですね(笑)





最後にお知らせですが5月2日は発表はありません。次回の発表は5月9日になります。

第三回水曜部会の発表

2012.04.22 19:09|水曜部会
第三回の水曜部会の発表が行われました。

今回の発表者は商学部2年の伊藤君で、
テーマは「グラニコス、イッソス、ガウガメラ会戦―ダレイオスの悪夢―」でした。高校の教科書にも掲載されているアレクサンドロス大王がアケメネス朝ペルシアを破った三つの会戦のついて、そのときの武器や戦略・戦術を詳しく考察した発表でした。


教科書をはじめとして多くの文献に記述のある有名な会戦でしたが、戦いの詳しい展開や両軍がとった具体的な戦術などについてはあまり知られていません。(僕も知りませんでした(笑))そういう意味で今回の伊藤君の発表を聞いた人たちは得るものは大きかったのでないでしょうか。

発表の中では三つの会戦だけでなく当時のマケドニアやギリシアの軍の構成や兵士・武器の種類、そして代表的は戦術とそのメリットについてまとめてあり大ボリュームでした。発表者の伊藤君はお疲れ様でした。


それと今回の発表にも前回に続いて多くの1年生が参加してくれました。参加してくれた皆さんありがとうございます。



さて次回の水曜部会は3年生の辻さんの発表で、テーマは「キケロの思想と実践」です。皆さんぜひ参加してください。
| 2018.06 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

史学舎

Author:史学舎
自由ノート
史学舎では新入部員を募集しております!
希望者はweb.shigakusha@gmail.comまで!
(@を半角にしてください。)

HPはhttp://shigakusha.hotcom-web.com/です

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。