FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5/11(金)の部会感想(*´∀`*)

2012.06.19 12:09|金曜部会
6月は祝日がないからなんでしょうか、気のせいか、今月に入って急な休講が増えています。
今日も、早起きして授業での発表の準備をして、2限のためだけに1hかけて大学に行ったら、
なんと臨時休講…準備が不十分だったので準備時間が増えてうれしい半面、少しばかり
むなしさもあります(;´Д`)
「昨日休講情報見たときはなかったのに…はよ言えや!」とか思った、相変わらず前座の長い
そんな金曜幹事でございます(o^∀^o)前座の長さは寛大な心でお許しください←

私の怠惰のせいでたまっていた部会の感想についてぼちぼち書いていきたいと思います。

5/11の発表担当は樺山先輩で、「戦間期におけるマクロ経済政策論争―金解禁論争を中心
として―」でした。
私はずかしいことに経済がものすごく苦手なのですが、逐一わかりやすく解説していただいたので、
きちんと理解することができました。
昭和恐慌下で当時の政府は旧平価解禁を行なって経済状況をますます悪化させたということは
広く知られていますが、あえて旧平価解禁を行なった背景として列強各国が1920年代に旧平価解禁を
実施していたということがあげられており、個人的にはこの点に非常に興味をもちました。

開国・明治維新以来、日本は様々な面で西洋諸国の技術や文化を早く列強諸国に追いつかんと
せっせと取り入れてきました。それゆえ、次第に「外国はすばらしい」という日本人特有の感情が
芽生えてくるのですが、法体系や文化・技術面だけでなく、このような経済政策ですら昭和時代に
入っても西洋諸国を模倣し、(言い方はよくないですが)「外国になんとしてでも追いつくんだ!」
といった感情で経済政策を決めることがあったのだと思うと、日本人がいい意味でも悪い意味でも、
いかに諸外国を手本としていたかがおのずと感じられます。

また明治時代ネタで申し訳ないです(-_-;)こんな調子ですが、次は5/18の感想を書きます。
今回はこのへんでおいとましますね(´・ω・`)

Comment

非公開コメント

| 2018.12 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

史学舎

Author:史学舎
自由ノート
史学舎では新入部員を募集しております!
希望者はweb.shigakusha@gmail.comまで!
(@を半角にしてください。)

HPはhttp://shigakusha.hotcom-web.com/です

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。